ウェイブさんの投稿 (80)

世界の強豪がひしめく中、見事プロクラス3位を自らの手で掴んだ石井孝良プロ。

地元開催ではあるが、どんなにひいき目に見ていても彼には3位になる実力が兼ね備わっていると誰もが感じたはずだ。

おめでとう。そしてさらなる飛躍を期待せずにはいられない。


記事を見る 

2019 WINTER CUP参加選手へのお知らせです!

WAVE委員会からのお知らせになります。2019/1/25

今大会における基本ルールにかんしては現行のルールブックに基づいて試合を行っていきます。しかし、前回の大会をふまえ、より明確にする必要があると判断した事案について、WAVE委員会の中で話合い、下記のようにまとめました。ここに発表をします。※試合の直前の発表になり大変申し訳ございませんが、基本的なルール変更はございません。参加する選手が今まで練習してきた内容に問題がないことはお断りしておきます。ご理解を宜しくお願い致します。

Winter cup参加選手へのお知らせ-converted.pdf

記事を見る 

昨年スタートした「JWA アマチュアウェーブランキング戦」

今年はさらに1戦増える予定で(IWT 3/5-3/10も加わります)合計6戦を予定しています。
各クラスの2代目王者は誰の手に!



アマチュア年間ランキング規定案-converted.pdf

年間アマチュアランキングポイント表-converted.pdf

記事を見る 

予定通りの開催が決定致しました!

「2019 WINTER CUP PRO-AMA」
 
土曜日は波ありのコンディションが予想されます。是非、お誘い合わせの上、世界にも通用する凄技を観に来てください。選手、関係者一同お待ちしております。
 
◆大会名:2019 WINTER CUP PRO-AMA
「JWA JAPAN TOUR 2018-2019 WAVE第2戦」
◆開催日程:2019年1月26日(土)、27日(日)予備日28日(月)
◆開催地:静岡県御前崎市ロングビーチ※コンディションにより移動の可能性あり
◆主催:JWA(NPO法人日本ウインドサーフィン協会)
◆後援:御前崎市、御前崎市観光協会
◆協力:Windsurfing magazine /OCEANS MAGAZINE他各社
 
◆スケジュール:
【1/26(土)】
8:00 レジストレーション
9:00 開会式、スキッパーズミーティング
10:00 競技開始 
【1/27(日)】
9:00 スキッパーズミーティング
10:00 競技開始
競技終了後/表彰式、閉会式 
【1/28(月)予備日】
※土日の2日間でプロラウンドのシングルが成立していなかった場合、予備日を使用します。コンディションに応じてスケジュールの変更があります。
 
◆問い合わせ:JWA(日本ウインドサーフィン協会)事務局
〒249-0007 神奈川県 逗子市 新宿1-2-3-112
TEL/FAX 046-876-9299 FAX.046-877-5441
email: wind@jw-a.org http://www.jw-a.org/
記事を見る 

COLD BREEZE 2018 無事に成立致しました!

COLD BREEZE 2018 PRO-AMA TOURNAMENT
動画はこちらです→ https://youtu.be/EmB0AsIXNS0


コンディションが心配された今年度のWAVE種目第1戦。予備日の月曜に御前崎らしい風が吹いて波もあがりました白熱した僅差の戦いが見られ、メンズはシングルが、ウィメンズはダブルで無事に成立しました。

第2戦は1/26-28(月曜は予備日)で行われます。また1/5-6で行われる全日本アマチュア選手権ではプロクラスのセッションも行われ、賞金をかけた熱き戦いが繰り広げられそうです。


記事を見る 

COLD BREEZE 2018 映像です!

https://www.facebook.com/115273491976690/videos/341549073332748/

コールドブリーズ2018・プロアマトーナメントがスタートしました。

本日から始まった「JWA JAPAN TOUR 2018-2019 WAVE第1戦」
残念ながら今日は風が上がらず、ヒート開始は明日以降に持ち越しになりました。

IWT世界ユースU21ランキング1位に輝いた石井孝良プロを始め、同じくIWT世界ユースU17ランキング1位の杉匠真プロがここ御前崎でどのようなライディングを魅せるのか。それを迎え撃つベテラン勢の巧みな技にも注目です。


記事を見る 

ウェーブ委員会からのお知らせです!

いよいよ今週末に迫ってきました「Jwa Cold Breeze Pro-Ama Tournament 2018」

今季の第一戦がまもなく始まります。そこでジャッジングに関する最終ミーティング(プロアマ戦のための)が先週行われました。先ずはミーティングで使われた動画を一般公開します。

下記にジャッジ約10名によって実際に付けられた点数も公開します。点数の幅はありますが、ジャッジ競技ですので主観ももちろん入ってきます。その上で点数の開きがあることも選手の皆さんに理解していただくためです。その中で委員会として基準を設け、点数が偏らないようにするためのミーティングでもありました。

公開する理由としては公平に皆さんに知っていただくこと、また大会には出ない方や一般の観戦者の方にも採点のひとつの形について興味を持っていただきたい!ということが挙げられます。

どうぞ宜しくお願い致します。委員長:福島 英彦

https://youtu.be/yiM9Gvwknco

メンズのみの採点例です。※ウーメンズは採点基準を現在調整中です
 
【Jump】
 
No49  8 - 10
No67  7.5 - 9.5
No83  1.5 - 3
No63  5 - 7
No71  6.5 - 7.5
No56  6 - 7.8
No69  5 - 7
No91  2 - 4.5
No103  4.5 - 5.5
No105  0.5 - 3.5
No110  5 - 7.2
No114  2 - 3
No15  4 - 4.5
No52  0
 
【Wave】
 
No13  3.5 - 4.5
No14  1.5 - 3
No32  3 - 6.5
No54  4.5 - 5
No61  2 - 3.5
No65  3.5 - 5.5
No70  4.5 - 7
No75  3.5 - 5
No86  5 - 7
No87  5.5 - 7.5
No92  4.5 - 7
No93  6 - 8.5
No95  4.5 - 5.8
No99  4 - 6
No106  3.2 - 5
No66  7.5 - 10
No48  10 - 10.5
No108  7 - 9

 

記事を見る 

HASHI WAVE CLASSIC 2018 大会報告

 

映像:Takahiro Koike 編集:Mitshde Avan Fuji

2018年9月15日(土)16日(日)島根県 波子海水浴場にてHASHI WAVE CLASSIC2018が開催された。

天気予報では強い風が吹く予報どころか、天気も雨予報となっており、どうなる事かと心配されたが、開会式には雨も上がり日中は日差しが暑いぐらいの波子らしい天気となった。

危ぶまれていた風もポートの風が徐々に上がり始め白波が沖合より入り始める。

波はまだないもののスラロームが走るほど風速が上がる。PM12:30 ファンスラロームクラスからスタートとなった。

ファンスラロームで圧巻の走りを見せたのが吉田選手だった。スタートから快調に飛ばし後続を寄せつけない走りで2レースをトップでフィニッシュした。

http://www.youtube.com/watch?v=ouoyW-kmCh4

少し波が上がり始めたため、ファンスラローム2レースの後はウエーブビギナークラスがスタートとなる。弱めの風の中で、うまくセットの波が取れるかが大きな鍵を握る中、4名で2ヒートが行われ井出選手が両ヒートで1位、2位と安定の演技を見せた。

その後はさらに波が上がり始めメンズオープン、グランドマスタークラスが行われた。

グランドマスタークラスでは古田選手、江角選手が2ムーブの演技で同ポイントだったが、1WAVEで高得点をたたき出した江角選手が1位となる。

メンズオープンクラスでは腰サイズの北ウネリも入り始め、弱いながらもポートで吹く風とマッチし始めコンディションが整ってくる。

ベスト8が出そろい柳川、福田、石井ハヤタ、井上、吉田、久保、松井、坪山の8名がファイナルを目指して対戦し始めるも風が無くなり、その日はリリースとなった。

 http://www.youtube.com/watch?v=r4aeONgPrxE&t=61s

初日夜には水族館アクアス内のイルカさんにて恒例のパーティーだ。

食べきれない程の料理と、飲み放題のお酒で喉と腹を満たし親睦深まる中、その日の対戦結果がコールされ大盛り上がりに。ジャンケン抽選も行われた。

ウエーブメンズビギナー 井出選手と野口選手

グランドマスタークラス 江角選手とh古田選手

レスキューに入って頂いた浜田ライフセービングクラブ 長沢さん

翌日 16日も朝から雨模様だったが、スキッパーズミーティング時には上がり2日目も晴れてスタート。

波は無いためまずはファンスラロームが予定され、風が上がった午後から2レースが行われたが、吉田選手が完全優勝、2位には志賀選手、3位には中学生の石井アオシ選手が入賞となった。

その後 風と波のコンディションが整うのを待ったが決まり切らず今大会の日程が終了した。

今回もお世話になった皆様、エントリーいただいた選手の皆様 本当にありがとうございました。また美しい波子の海でお会いしましょう!

 

今大会に駆けつけてくれた板庇プロ、志賀プロ、野口プロ

マニューバーライン 岩井さん

ファンスラロームディレクターとしても活躍しくれたスターボードジャパン 駒井プロ

エーベーズ 羽田さん&オンズカンパニー
おまけのドローン映像 綺麗です!

http://www.youtube.com/watch?v=4OfHR66QKW0&app=desktop

記事を見る 

HASHI WAVE CLASSIC 2018 Result

2018年9月15日(土)16日(日)に行われましたHASHI WAVE Classic 2018 リザルトです。

ファンスラローム入賞 2位 志賀選手 1位 吉田選手 3位 石井選手

メンズに交じり最後はしっかりとコースを回り切ったファンスラロームウーメンビギナー増田選手

グランドマスタークラス 2位 古田選手 1位 江角選手 3位 青木選手

ウエーブメンズビギナークラス 2位 野口選手 1位 井出選手 3位 喜多選手

ウエーブでは紅一点 メンズと戦う青木選手

メンズオープンクラス 石井選手、松井選手、柳川選手、坪山選手、久保選手、吉田選手

スペシャルクラス ジャンケン優勝は大田選手(笑)

リザルト.pdf

記事を見る 
 
地元のショップであるLEINZさまのご協力のもと、サーフポイントでのウインドサーフィンの大会。もっとも南風の当たりやすい時期を選んで今年は7/21と22に開催されます。※デジエントリー開始されています
 
波崎大会は今年から新たに始まるアマチュアランキング戦の第1戦でもあります。初のクラス別チャンピオンは誰の手に!?
 
乗って、飲んで、皆さんで一緒に波崎の極上の波を満喫しましょう。
 
◆エントリーこちらから↓
記事を見る 

甲子園浜関西学連合同新勧レポート!

「甲子園浜関西学連合同新勧レポート」

日時:2018年4月22日
場所:甲子園浜

今年最初の真夏日となった4月22日に快晴の甲子園浜で、関西学連主催の関西合同新勧ビーチイベントが開催されました。
参加大学は、甲子園浜をホームとする、大阪大、神戸大、甲南、関西学院大、武庫川女子大、そして、琵琶湖をホームとする京都大、同志社大、立命館大の計8大学から、入学したての
新1回生が137人と引率の上回生130人が参加し大盛況な1日となりました。

この合同新勧イベントの目的は、単にウィンドサーフィンの魅力を伝えるだけではありません。
大学に入学して「さあ、自分はこれからの4年間をどういう風に生きよう」と考えているであろう新1回生たちに、各大学に星の数ほどある文系、スポーツ系部活動、サークル活動の中で、ウィンドの部活が、そしてウィンドの学連(全日本学生ボードセーリング連盟)の活動がどれだけ素晴らしいものかを、このイベントの1日を通して皆さんにその一端でいいので感じてもらうのが目的です。

午前中は各大学が交わり班に分かれて、ウィンドサーフィンの体験をしたり、SUP(スタンドアップパドルボード)で遊んで海の感触を楽しみました。
そして、270人での大BBQ大会に突入。自分の入学した大学内だけでなく、他大学との交流会です。
ウィンド学連の素晴らしさは、なんと言ってもこの横断的な学生間の交流にあると感じました。縦横の交流に加えて他大学の上回生とも幅広く人脈を作って行くことができるのです。今回は8大学でしたが、全国で見ればその規模は
40大学を超えていきます。これは本当に凄いことです。

そして午後の部。まずは、1回生による、SUPの大学対抗レース。各大学から1回生3人づつで構成されたチームが参加して設定コースをリレーで回る競技に甲子園浜は盛り上がりを見せます。
そして、クライマックスは各大学の上回生3人で編成されたチームによる学連公式のテクノクラスでのリレー競技。微風コンデションながら、ここは各大学ともに1回生の前でかっこいいところを見せなくてはとガチんこレースを展開?
そこにコメント達者な上回生のノリのいいMCも入り、レースは最高潮に。
見ている者は、ウィンドが個人競技のみならずチーム競技であること、もっと言えば、大学名を背負って競う学生スポーツのかっこよさを再確認することが出来ました。選手の皆様お疲れ様&ありがとう。

レース後は参加者全員で、1日を遊ばせてもらった甲子園浜をビーチクリーン。

閉会式を兼ねた表彰式で、1回生のSUPレースの結果と1回生+上回生のレース結果を合算したポイントでささやかな表彰式が行われました。
このような楽しい時間ははあっという間に過ぎ、16時に予定どおりに無事終了。

この日の甲子園浜合同新に参加してくれた1回生はこのイベントをとても楽しんでくれた様子でした。
そんな1回生の皆様も、続々とウィンドサーフィン部に入部を表明してくれているという嬉しい情報を聞いています。

このように今年の関西学連合同新勧イベントは滞りなく開催されました。

まず、休日にもかかわらず甲子園浜を使用させてくれた、SeaYou様、ラナイズ様、スプーキー様有り難うございました。
PA機器を貸してくれたり、スクールの道具を貸し出ししてくれた各ショップの協力無しではこのイベントは出来ません。
各クラブメンバー様にもゲレンデを快く使わせて頂き感謝です。

そして、JWAからの御協賛、誠に有り難うございました。おかげさまで参加者は大BBQを楽しめました。

最後に、関西学連幹部の皆様、お疲れ様。イベントの無事成功は皆様が一生懸命に事前準備したおかげです。本当にありがとう。

レポート 
JWA テクノクラス担当
BicSport Japan代表 内海

記事を見る 

今シーズンのモロッコで行われている、IWT第一戦「IWT Morocco Spot X」のプロクラスにおいて見事4位に入賞した石井孝良プロからレポートが届きました。http://internationalwindsurfingtour.com/

「プロクラスは2日に分けて行われました。ヒート進行は計24人のリパチャージ方式。1回戦は各ヒート3人で1位通過の選手がスキップして3回戦に上がり、2位と3位の選手は2回戦の敗者復活に回る。

1日目の風はサイドショアで弱く波は頭〜ロゴハイ。14分+2分トランジッションのwave2/jump0方式でその日は1ラウンド全てを終わらせた。

2日目の風はサイドショア、セミファイナルからサイドオフショアで4.2㎡ジャストの風。手前は弱い。 波はマスト〜時々マスト半のサイズが入っていた。

ファイナル以外18分+2分トランジッションのwave2/jump0方式。ファイナルは30分+2分トランジッションのwave2/jump1方式。

1回戦、2本ともロングライドでき2本目の波ではゴイターを決め1位通過で突破。それでも2位との差は1〜1.5点ほど。

3回戦、試合中最大セットの綺麗なものを取りかなりロングライド。ブジュマが1位通過、自分は2位通過でベスト8進出。

4回戦(セミファイナル)、サイドオフショアの強目の風、自分の最も得意なコンディションに変わった。波は少し上がった。
1発目のセットの波でバーティカルなリップとかなりでかいエアリアルのあとロングライドを決め8点〜8.5点を出し2位通過でファイナル進出。1位通過だったアントワンは10点出した。

ファイナル、このヒートはジャンプありで30分ヒート。波はさらに上がった、バーティカルなリップや、エアーからのロングライドなども決まり調子は良かった。ロングライドのあと2回ゴイターを持ってきたが決まらず。波もあまり良いものを取らせてもらえなかった感じがあった。バックループもかなり高いものをクリーンメイク。ほぼベストは尽くせたが結果は4位でした!」

今後の日本の若手の活躍が益々楽しみです。

photo:Nicolas Jones

記事を見る 

無料体験会募集のお知らせです!

今年も「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」の期間中(5/10-5/15)に無料のウインドサーフィン&SUPの体験会を開催します。240名の募集ですが、まだ平日に空きがあるので参加者を募集しています。重複した場合には抽選となります。

またカメラマンやスタッフも募集中です。お手伝いできる方がいらっしゃいましたら、普及担当の福島英彦(hide@seaside-japan.net)までメールにてご連絡ください。どうぞ宜しくお願いいたします。※シェア拡散などもお願いします

https://wwcjapan.com/event/taikenkai/taikenkai/

記事を見る 

快挙!!!

モロッコで行われている「International Windsurfing Tour 第1戦Morocco Spot X」にて日本の石井孝良プロがユースクラスにて、見事優勝を飾りました。伸長著しい石井プロの今後の世界での活躍に要注目です!

記事を見る